空手道とは


私たち煌心会空手道は、全日本空手道連盟に加盟し伝統派空手を主とし稽古しております。

伝統派空手とは、主に四大流派

松濤館流、剛柔流、糸東流、和道流からなり

礼節を大切にし、型と組手(寸止め)の稽古をしております。

型とは、一人もしくは団体で空手の基本的な技や姿勢を身につけ、組手などの実践応用に必要な空手独特の身体動作を身につける稽古になります。

空手の型は、首里手、泊手、那覇手の各系統によって習う型の種類には相違があり、また流派によっても相違があります。私たちは、四大流派の主な型を基本を大切に稽古しております。

(平安初段、ゲキサイ1、ゲキサイ2、平安二段、平安三段、平安四段、平安五段、チントウ、サイファ、セーパイ、セイエンチン、バッサイ大、ジオン、エンピなど)

組手とは、主に二人で相対して行う練習方法です。

決められた手順に従って技を掛け合う「約束組手」自由に技を掛け合う「自由組手」勝敗を目的にした「試合組手」と稽古しております。

試合組手に関しては、打撃による怪我を防ぐ為に、原則相手の皮一枚で止める「寸止め」「極め」と呼ばれる試合形式で主に全空連の試合ルールで防具を着用して稽古しております。

近年、空手道はオリンピック種目を目指し、空手道の競技化、スポーツ化を進めるにあたりルールの見直しが施されております。

これにより、もっと空手道が万人に受け入れられ生涯スポーツとして老若男女続けられる空手道になる事と思います。banner_468_60_new